ヴァケーション用LCC!バニラエアってどんな飛行機?

- ヴァケーション用LCC!バニラエアってどんな飛行機?

ヴァケーション用LCC!バニラエアってどんな飛行機?

素敵な旅にいつもついて回るのは予算です。
現地での過ごし方を少しでも豪華にする為には、飛行機代を抑えるのが一番手っ取り早いですね。
それには格安航空券を使うのが良いですね。今では日本国内で多くのLCCが存在していますが、
その中でもリゾート地への運航に強いのがバニラエアです。
今回はバニラエアに注目してみます。

国内外の楽園へ

 国内のLCCとしては後発のバニラエアですが、その用途としてはまさにヴァケーションが中心です。 
那覇、台北を始め、札幌、奄美、香港、高雄、グアム、サイパン、ハワイ等リゾート地として名高い所への運航で固めており、
まさに楽園へのチケットです。
もともとはマレーシアとANAが合同で作っていたエアアジアジャパンの後継の会社なので、航路としては確かなものが確立されているのですね。
今ではピーチアビエーションに次いで国内NO2のLCCです。

3種類のチケットタイプ

 格安だからサービスは我慢する、とは言って限界があるという方も多いのではないでしょうか。
そんな人の為にバニラエアは3種類のチケットのご用意があります。

わくわくバニラ

最も安くチケットです。その代わり座席指定や手荷物を預けるのが有料で、予約の変更やキャンセルが出来ません。

シンプルバニラ

わくわくバニラの手荷物預けが無料になっているのがこのプランです。その他は同様に変更やキャンセルが出来ないのも同じです。

コミコミバニラ

最も融通が利くのこのチケットです。手荷物預けと座席指定が無料で、変更やキャンセルが有料で出来るのが一番うれしい所ですね。
バカンスに行くにはLCCの中では一番使いやすいバニラエアの弱点は細かい手数料が発生する事。
支払い手数料や施設手数料、予約サービス手数料・・・様々と必要となってくるので、
チケット事にどの手数料が必要になってくるのか確認が必須ですね。
格安航空券と言えど結果通常チケットと同じでは意味はありません。
しっかり確認して良いチケットをゲットしてくださいね。

△PAGE TOP